中学歴ドットコム

「普通」って、難しい。

その資格試験、補助金を受けられます!教育訓練給付制度とは

仕事って、大変ですよね。キャリアアップを果たせばお給料は上がるかもしれないけど、勉強するお金が結構負担になる・・・。

でも実は、あなたが勉強するお金の一部を国が支給してくれる、教育訓練給付金という制度があるんです。さらに教育訓練給付金は、一定の要件を満たせば失業中にも支給を受けることができます。

今回は意外と知られていない教育訓練給付金の概要について、わかりやすく解説したいと思います。

 

教育訓練給付金とは

働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援するため、教育訓練受講に支払った費用の一部を支給するとともに、専門実践教育訓を受講する45歳未満の離職者の方に対しては、基本手当が支給されない期間について、受講に伴う諸経費の負担についても支援を行うことにより、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。

厚生労働省HPより。

www.mhlw.go.jp

 

ちょっとわかりにくいですか。簡単に言うと、あなたがキャリア形成のため語学や技能の講座を受講した場合、受講料金の一部を国が支給してくれるというものです。また45歳未満の離職者に関しては、受講に伴う諸経費についても支給を受けることができます

 

教育訓練給付制度の対象となる資格って?

f:id:bkatoh:20180218121953j:plain

ではどんな資格が教育訓練給付の対象になるのか、気になりますよね。教育訓練給付には以下の3つの区分があり、それぞれに受給要件が定められています。

 

一般教育訓練給付(情報処理・語学・サービス資格等、汎用的なスキルに関わる訓練への給付金)

 

専門実践教育訓練給付(医療・工業・調理等、専門的・技術的なスキルに関わる訓練への給付金)

 

教育訓練支援給付金(失業中の受給者に対し、通常の給付金に加算して支払われる給付金)

 

一般教育訓練給付金の対象資格

【情報関係】      

情報処理技術者試験Microsoft Office Specialist 2007・Microsoft Office Specialist 2010・Microsoft Office Specialist 2013・MCA・MCPマイクロソフト認定資格)Microsoft Office Master・シスコ認定資格・Oracle認定資格・JAVAプログラミング能力認定試験・CS技能評価試験(ワープロ部門)・CS技能評価試験(表計算部門)・CS技能評価試験(情報セキュリティ部門)・CS技能評価試験(データベース部門)・日商PC検定試験(データ活用)・日商PC検定試験(文書作成)・Webクリエイター能力認定試験・Webデザイナー検定・Illustratorクリエイター能力認定試験・Photoshopクリエイター能力認定試験・Word文書処理技能認定試験・Excel表計算処理技能認定試験・LPIC認定試験・VBAエキスパート・DTP検定・ICTプロフィシエンシー検定試験・C言語プログラミング能力認定試験・DTPエキスパート認証試験・Accessビジネスデータベース技能認定試験・Androidアプリケーション技術者認定試験・パソコン技能検定Ⅱ種試験・建築CAD検定・CADアドミニストレーター認定試験・CAD利用技術者試験・CADトレース技能審査・CGクリエイター検定・PowerPointプレゼンテーション技能認定試験・情報処理技能検定試験・パソコンインストラクター資格認定試験・インターネット検定(ドットコムマスター

 

【事務関係】      

通訳案内士試験・TOEIC・簿記検定試験(日商簿記)・中国語検定試験・日本語教育能力検定試験TOEFL iBT・実用英語技能検定(英検)・HSK漢語水平考試・「ハングル」能力検定・建設業経理検定実用フランス語技能検定試験スペイン語技能検定・GMAT・実用イタリア語検定試験・スペイン語検定試験D.E.L.E.・タイ語検定試験・IELTS・ロシア語能力検定・ビル経営管理士試験・インドネシア語技能検定試験・ビジネス実務法務検定試験・ドイツ語技能検定試験・簿記能力検定

 

【専門的サービス関係】  

税理士・社会保険労務士試験・行政書士中小企業診断士試験・司法書士・FP技能検定試験・弁理士通関士・司書・司書補・土地家屋調査士マンション管理士試験・不動産鑑定士・鑑定士補・公認会計士学芸員貸金業務取扱主任者・司法試験(予備試験)・管理業務主任者・司書教諭・国家資格キャリアコンサルタント証券アナリスト・AFP資格審査試験・米国公認会計士・公認内部監査人認定試験・CFP資格審査試験・産業カウンセラー試験・品質マネジメントシステム(QMS)審査員補

 

【営業・販売・サービス関係】      

宅地建物取引士資格試験・調理師・技能検定試験 フラワー装飾(フラワー装飾作業)・着付け職種技能検定試験・総合旅行業務取扱管理者試験・販売士検定試験・カラーコーディネーター検定試験・国内旅行業務取扱管理者試験・美容師国家試験・インテリアコーディネーター・色彩検定(AFT)・ソムリエ呼称資格認定試験・手話技能検定・きものコンサルタント消費生活アドバイザー試験・福祉住環境コーディネーター検定試験・色彩技能パーソナルカラー検定・フードコーディネーター資格認定試験・ブライダルプランナー1級・キッチンスペシャリスト

 

社会福祉・保健衛生関係】          

介護福祉士実務者養成研修・介護職員初任者研修・介護技術講習会・介護福祉士社会福祉士・介護支援専門員・保育士・精神保健福祉士・喀痰吸引等研修修了・福祉用具専門相談員柔道整復師・看護師・言語聴覚士・管理栄養士・同行援護従事者・はり師・栄養士・作業療法士理学療法士救急救命士・看護教員・歯科衛生士・衛生管理者免許試験・視能訓練士・特定行為研修・登録販売者・移動支援従事者・臨床工学技士・実務者研修教員講習会・准看護師・介護教員講習会・歯科技工士・医療事務管理士技能認定試験・医療事務検定試験・医療事務技能審査試験・診療報酬請求事務能力認定試験・介護事務管理士技能認定試験・医事コンピュータ技能検定試験・調剤事務管理士技能認定試験・メンタルヘルス・マネジメント検定試験・医療秘書技能検定試験・健康管理士一般指導員資格認定試験・医療保険請求事務者認定試験

 

【自動車免許・技能講習関係】      

大型自動車第一種免許・中型自動車第一種免許・大型自動車第二種免許・大型特殊自動車免許・普通自動車第二種免許・準中型自動車免許・けん引免許・フォークリフト運転技能講習・小型移動式クレーン技能講習・車両系建設機械運転技能講習・玉掛技能講習・高所作業車運転技能講習・中型自動車第二種免許・床上操作式クレーン技能講習・移動式クレーン運転士免許・クレーン・デリック運転士免許・ショベルローダー等運転技能講習・不整地運搬車運転技能講習・ガス溶接技能講習・海技士

 

【技術関係】      

建築士自動車整備士土木施工管理技士・建築施工管理技術検定・管工事施工管理技士電気主任技術者試験・技術士電気工事士試験・電気通信工事担任者試験・測量士測量士補・電気工事施工管理技術検定試験・気象予報士試験・衛生工学衛生管理者・給水装置工事主任技術者試験・エネルギー管理士試験・建築物環境衛生管理技術者試験・ボイラー技士免許試験・造園施工管理技士・構造設計一級建築士・舗装施工管理技術者資格試験・危険物取扱者・建設機械施工管理技士・インテリアプランナー・IATAディプロマ(危険物)

 

【製造関係】      

製菓衛生師技能検定試験・パン製造(パン製造作業)

 

【その他】          

修士・博士・履修証明・科目等履修生・Project Management Profeessional(PMP)・プロジェクトマネジメントスペシャリスト(PMS)資格試験

 

 

専門実践教育訓練給付金の対象資格

業務独占資格名称独占資格を目指す養成施設行われる訓練】          

介護福祉士・看護師・歯科技工士・視能訓練士・保育士・臨床工学技士・准看護師言語聴覚士社会福祉士精神保健福祉士・はり師・きゅう師・柔道整復師救急救命士・歯科衛生士・あん摩マッサージ師・理学療法士作業療法士助産師・保健師診療放射線技師臨床検査技師義肢装具士・美容師・理容師・調理師・栄養士・製菓衛生師・海技士測量士測量士補建築士航空整備士・航空運航整備士・電気工事士

 

【職業実践専門課程】      

職業実践専門課程(土木・建築)・職業実践専門課程(電気・電子)・職業実践専門課程(自動車整備)・職業実践専門課程(情報処理)・職業実践専門課程(工業関係その他)・職業実践専門課程(農業関係その他)・職業実践専門課程(医療関係その他)・職業実践専門課程(衛生関係その他)・職業実践専門課程(社会福祉関係その他)             職業実践専門課程(経理・簿記)・職業実践専門課程(旅行)・職業実践専門課程(情報)・職業実践専門課程(ビジネス)・職業実践専門課程(商業実務その他)・職業実践専門課程(和洋裁)・職業実践専門課程(服飾・家政その他)・職業実践専門課程(デザイン)       職業実践専門課程(動物)・職業実践専門課程(法律行政)・職業実践専門課程(スポーツ)・職業実践専門課程(文化その他)      

 

専門職学位】  

専門職学位(ビジネス・MOT)・専門職学位(会計)・専門職学位(公共政策)・専門職学位(公衆衛生)・専門職学位(知的財産)・専門職学位(臨床心理)・専門職学位法科大学院・司法試験合格)・専門職学位教職大学院

 

【職業実践力育成プログラム】      

職業実践力育成プログラム(正規課程)(人文科学・人文)・職業実践力育成プログラム(正規課程)(社会科学・社会)・職業実践力育成プログラム(正規課程)(理学)・職業実践力育成プログラム(正規課程)(工学・工業)・職業実践力育成プログラム(正規課程)(農学・農業)・職業実践力育成プログラム(正規課程)(保健)・職業実践力育成プログラム(正規課程)(商船)・職業実践力育成プログラム(正規課程)(家政)・職業実践力育成プログラム(正規課程)(教育)・職業実践力育成プログラム(正規課程)(芸術)・職業実践力育成プログラム(正規課程)(その他)・職業実践力育成プログラム(特別の課程)(人文科学・人文)・職業実践力育成プログラム(特別の課程)(社会科学・社会)・職業実践力育成プログラム(特別の課程)(理学)・職業実践力育成プログラム(特別の課程)(工学・工業)・職業実践力育成プログラム(特別の課程)(農学・農業)・職業実践力育成プログラム(特別の課程)(保健)・職業実践力育成プログラム(特別の課程)(商船)・職業実践力育成プログラム(特別の課程)(家政)・職業実践力育成プログラム(特別の課程)(教育)・職業実践力育成プログラム(特別の課程)(芸術)・職業実践力育成プログラム(特別の課程)(その他)

 

【情報通信技術関係資格】              

                情報技術関係資格              

 

 

いかがでしょうか。一般的に「資格試験」として受講される、ほぼ全ての講座・講習が網羅されているのではないでしょうか。次回はいよいよ詳しい受給要件と申請方法を解説したいと思います。それでは今回はここまで。